邪教の大神官はボードゲームの夢を見るか?

ボードゲーム関連ブログ。だいたいレビューと感想。本家ウェブサイトはhttp://tantramachine.com

のびのびTRPG(NOVICE NOVICE TABLE TALK ROLE PLAYING GAME)

3人~5人

30分~60分

2016年~

システム・アート:今野 隼史
辺境紳士社交場

◇どんなゲーム?

 TRPGを疑似体験するコミュニケーション系協力ゲーム。

 カードを使ってロールプレイしたり(必ずしも演技することを要求はしません)ダイスを振って冒険者として冒険を成功させよう、というゲームです。一般的なボードゲームと違って、体験を主眼に置いているので、目的を達成できなかった=失敗ではなく、たとえ失敗したとしてもその体験、課程そのものを楽しむという点においてよりTRPG的なゲームであるといえます。

 

◇レビュー

 TRPG疑似体験系ゲームは数あれど、国産のそれは数少なく、そしてこういうアプローチになるんだなあ、というゲーム。海外のTRPGライクゲームって結構がっつり、重いゲームでゲーム性を結構重視してる印象(偏見)なんですが、このゲームは完全にコミュニケーションゲームです。

 初期設定の技能から、キャラクターの途中の判定の成否によって属性が変わったり(失敗が必ずしもマイナスの経験になったり不利になるわけではない)想定していた自分の分身が毎回違ったキャラクターとしての顔を見せたりという、TRPGシミュレートとしてよくできていると思いました。TRPGゲーマーあるあるが程よく砂糖をまぶした感じで楽しめるのかな、と。正直任務難易度はめちゃユルですし、ゲームとしてがっつりミッションクリアするぜー! ヒャッハー! 的なものを望むとなんだこりゃーだと思います。

TRPGやるのは時間がかかるから難しいけど興味はある、雰囲気は味わいたい

ゲームマスターがいない、シナリオを作れないのでTRPGを遊べない

TRPGに興味を持たせるための疑似体験として

 そんな方におすすめいたします。

 逆に、TRPGを何にも知らない人たちがコミュニケーションゲームの延長として遊ぶのには全くオススメしません。(実際がっかりされている、痛々しい、恥ずかしい、とおっしゃる方を見かけています)TRPG経験者が一人混じると結構盛り上がると思いますので、あくまでも疑似TRPGとして遊んでいただきたいゲームです。

8/16のアナログゲーム色々気になった話

◇クアックサルバー発売日は9/20!

  一度遊んでみたいと思いながらなかなかその機会がないゲームなので気になります。

◇アニマーレ・タッティカ2人対戦動画

  

 滑舌の悪さが気になるものの、実写動画としてはかなり見やすい部類。英語字幕付き。

Between Two Cities(ふたつの街の物語)

 
1人~7人

20分前後

2015年~

システム:Matthew O'Malley/Morten Monrad Pedersen/Ben Rosset
アート:Beth Sobel
Ghenos Games/Morning/SD Games/アークライト

 

◇どんなゲーム?

 両隣のプレイヤーと相談して、各プレイヤーと共通のマップを生成し、右左で得点が低い方のマップの得点が自分の点数になります。どちらかに注力しすぎても得点が上がらないので、皆で助け合いつつ自分の得点を高めましょう。

 半分協力型のタイル配置系箱庭ゲーム。不思議なプレイ感が魅力です。

 

◇レビュー

 ゲームは面白いです(レビューぶん投げ)。みんなで助け合いつつ、良きライバルとして競い合う、なんてなかなか素敵ではないですか? 現実もこうあってくれるとうれしいなあ、と思ったり(笑)。ちょっとルール的な点数の付け方がややこしいですが(すごく難しいわけではないけども)お子さんとのボドゲ会では是非遊んで欲しいなあと思うゲーム。お子さんでも、両端両親とかなら安心して遊べるのでは。

 ただですね。このゲーム。ある点において大変不満がございまして。

 町を作るゲームなのに、タイルを並べたときにできる盤面の雰囲気が、全体的に陰気臭いんですよ。全然楽しくない! 全体的にグレーっぽくて、街が完成したときにわあ綺麗! これが私の街です! って気持ちに全然なれないんです。絵はうまいんですが、デザインとしてよろしくない。

 一個一個のパーツはちゃんとアイコンに即した色になっているのに、何故こんなに暗いんだろうと考えたのですが、パネルのフレームがグレーで囲われているんですね。このデザインは早急に見直すべきだと思います。(もちろん、屋根の色とか壁の色とかもあると思うけど)

 箱庭ゲーの魅力は、できあがっていく街を見る楽しさですから。グレーの街なんて作りたくないのです。このゲームへの不満はただそれだけなのですが、だからこそ、もうちょっと何とかならんかったんかい、という気持ちでいっぱいなのです。

 この絵でもいいやって言う人ならきっと楽しいと思います。いいゲームなのは間違いないんで。

 殴り合いが好きじゃない人や、ゲーム慣れしてない人に堂々とヒントを与えつつ遊べるところ、全員勝利はやだけど、ヒントを出したり助け船は出したい、みたいなプレイを望む人ならいいと思います。拡張出てるしね。

8/14のボードゲーム関連何か。

 エッセンに向けて情報が出まわってますね。

◇拡張コミコミのヘックメック・デラックス10月に発売予定!

 最近デラックス版増えてきてる気がしますね……。

 ヘックメックは手堅い定番ゲームなんで一個は欲しいやつ。

 

セレスティア 第二拡張でるよ!

 クラウド9のリメイク「セレスティア」好調のようで拡張も出てるんですね。

 私、クラウド9好きなので気になります!

◇【将棋・チェス】マークルック紹介 ~基本編~【ゆっくり講座】

www.nicovideo.jp

変則将棋推しのUP主によるマークルック(タイ将棋)紹介動画。

ZillionsOfGames(ZoG)というソフトで遊べるようですよ。

◇琴葉姉妹はボードゲームを紹介したい Part6【Alice's Mad Burger Party編】

www.nicovideo.jp

 情報ないっていってたので調べたらBGGにありました。評価低ッ!

 韓国のパブリッシャーは、アートワークきれいだけどゲームがちょっと微妙なのが多い気がする(ハッピーバオバブは結構いいゲーム作るんだけどね)。応援してるからもう少し中身も追いついてほしいものである。

 どうあれ、マニアックなゲームもどんどん動画で紹介されていくのは有難いことである。

 

◇琴葉姉妹のボードゲーム紹介『Masmorra』

www.nicovideo.jp

Masmorra: Dungeons of Arcadia | Board Game | BoardGameGeek

 前々回に紹介したArcadia Questの関連作っぽいです。

www.nicovideo.jp

Argoat(アルゴート)

3人~5人

45分~60分
2017年~
システム:オオハシ
アート: asahiro

Domina Games(風栄社)

 

◇どんなゲーム?

 辺境の町を中心に世界中を探索し、8つの世界の知識を手に入れて、深い森からエデンに至る道筋を見つけ出そう。

 神秘のエメラルドを使いこなして世界を縦横に動き回り、同じ志のライバルと情報を交換し合おう。

 交渉+マップ構築+マップ移動の、ゴールが秘匿されたすごろく? 神秘的な世界を巡り歩く、ちょっとほかにない不思議なプレイ感のゲームです。

 

◇レビュー

 絵も綺麗で、ゲームもほかに似た感じのゲームがあまり思いつかない、不思議なふわっとした感じのゲームです。Domina Gamesのゲームは割とこういう、斬新ではないがオリジナリティのある、ふわっとした独自の世界観を持ったゲームを作るメーカーですね。

 個人的には、交渉は不利だったり致命的なものでも受けてしまうため、交渉のあるゲームは不向きなんで(実際致命的な交渉を受けてしまって負けたので)このゲーム、買ったりプレイする事はもうないですが、情報交換やアイテム交換、深い森の中身についての情報を提供するなど、協力し合う要素もあるので、バトルもので争ったりするのは苦手だけど協力ゲームもちょっと……という人にはいいんじゃないでしょうか。ルールも難しくないのでボドゲ初心者導入にもいいかと。マップが徐々に作られていく様は楽しいですし、その中で、自分の都合が良く他のプレイヤーには不利になるように、どう新規マップを配置するか、ブラフで相手にいかに無駄足を踏ませるか、交渉に有利になるような要素を確保しておく為にどう立ち回るかが大事です。で、私はそういうのがめちゃくちゃ苦手なんだよな~ハッハッハ! 一人全く情報持たず/持てずに効率悪いマップの歩き方をして一人で沈むみたいな感じで終わります。

 

 絵柄・世界観もシステムとフィットしていて、絵が気に入ればゲームにもすっと入っていけると思われます。男性にも女性にも好まれる程よい(萌えやおたくにも振りすぎないけど、少女漫画過ぎないくらいの絶妙な絵柄)人選ですが、Domina専属っぽいんですよね。この方。イラストでブランドのイメージががっつり固められるので、こういう選択はプロデュース側としては全然ありと思います。

8/13のボドゲなんやかんやとか

 コミケ行ってたんで情報が遅いです。

ゲームマーケット大賞2018 1次審査通過作品 発表

  アンケートトップが必ずしも自動通過ではなくなったので、いろいろおっしゃる方も多いみたいですね。自分の推しゲーが選ばれないと悔しい気持ちはわかり身が深いけど、しゃーないよね。

  参考までにこちらのツイートもどうぞ~。こういう情報をまとめてくださる方には感謝しかない。

 

ゲームマーケット2018年秋 二次申し込み開始

gamemarket.jp

日曜日A1スペースのみのようです。

 

◇ポプテピクソカードゲーム、デザイナーは梶井星奈さん!

 アイコンがポプテピピックに変わってたあの人*1だったのか……すごいクソゲーなんだろうなめっちゃ楽しみ~! あっもちろん予約しました!

Wargames Club Publishing版ModernArt画家まとめ

そういえばこっちも以前調べたんでした。

香港パブリッシャー版はコインの数が足りないんだよォオオオオオ! クソが!

友達に頼んでわざわざ買ってきてもらったのにこの仕打ち……今香港にあります(血涙)。

アートワークはすばらしいので、コレクションとして買いましょう……。

香港版ModernArtのアーティストは、殆ど近代の人ばかりですね。ほぼ同時代の人ばかりです。

 

◇黄 賓虹/Huáng Bīnhóng 1865-1955

黄賓虹 - Wikipedia

大体中国とか朝鮮とかの画家は絵が描けるだけでなく書も出来て研究もしてみたいなマルチな方が多いイメージですね……。

 

◇陳 衡恪/Chén Héngkè 1786-1923

陳衡恪 - Wikipedia

師曽は字。後に挙げる呉昌碩や斉白石と親交があった模様。

 

◇呉 昌碩/Wú Chāngshì 1844-1927

呉昌碩 - Wikipedia

詩・書・画・篆刻ともに精通し、「四絶」と称賛され、中国近代でもっとも優れた芸術家と評価が高いらしいです。すごい。

 

◇徐悲鴻/Xú Bēihóng 1895-1953

Xu Beihong - Wikipedia

元々は徐寿康という名前だったらしい(原名=元の名前?)

この方も日本語版ウィキペディアに項目がありません。

今回の中では唯一の洋画枠。でも国画でもすばらしい絵を残していますよ!

 

◇斉 白石/Qí Báishí 1864-1957

貧農の家に生まれ独学で絵を学んだ人。遅咲きの花。

斉白石 - Wikipedia