邪教の大神官は二度ノックを鳴らす

ボードゲーム関連ブログ。だいたいレビューと感想。本家ウェブサイトはhttp://tantramachine.com

10/11のボドゲ関連色々

◇今日の気になるKickstarterゲーム

 お前の気になってるゲーム政治ネタばっかじゃねーか!

 内容見る感じラブレターっぽいです。ボードボードの店長さんがきにしそうなタイトルですね(謎発言)。ルールは簡単ですが……。

 こういうネタで水増しをはかっていきたい(

 いやほんとに気になったけど個別に記事作る程じゃないんでここに入れただけっす! 蹴らないけど!

 

◇「シャドウレイダーズ」の拡張発売決定!

  元々のシャドハン自体が色々拡張が出ていたので、出るであろうとは言われてましたが早いですね! 大阪か春ゲムマ辺りでしょうか。

◇『第1回東京都高等学校ボードゲーム選手権大会』11/3開催

 「ふうかのボードゲーム日記」から。普及の勢いがすごいですね……!

Amun-Re: The Card Game(アメン・ラー:カードゲーム)

 

2人~5人

45分前後
2017年~
システム:Reiner Knizia
アート:不明
Maldito Games/Super Meeple

 

◇どんなゲーム?

 クニツィアで重ゲーと言えばこれ、というタイトルの一つとして名高い*1競りゲーム「アメン・ラー」をカードゲーム化! 土地を買う押し出し式の競りと、その土地から得られる収入を競る二重の競り要素が絶妙に絡み合ったゲーマーズゲームです。

 

◇ルールとか

 最初にプレイしてこれは面白い! と思ったものの、同卓で負けたプレイヤーに「これは悪いクニツィア」といわれたり、別のレビュアーが否定的なレビューを書いているのを見かけてしまった為判断に迷い、購入を控えておりました(結構人の言う事に惑わされるタイプ)。

 しかし、ゲームマーケット大阪でかなり安く出回っていたのを見つけてしまい、「ああ、これは買えというセト神のお告げだわ!*2」とフラフラ手を伸ばして買ってしまいました。他のレビュアーがなんと言おうが、同卓の人間が貶そうが、私はこのゲームが好きだ! 胸を張ってこのゲームを傑作であると言っていきたい。

 ※アメン・ラーの方はプレイしておりません。

 んなくそみたいな前置きはどうでもいいですね。このゲームは傑作です。クニチー大好き!

 まず最初に手札に0-8までのカードが配られ、このカードの数字の合計が0含めて14になるように手元に置きます。これが初期資金。もうこの初期手札のやりくりだけでめっちゃクニクニしい(造語)! これらのお金を元にカードを競るのですが、0だけは必ず戻ってくるとか、競りに使わなかったカードでピラミッドを実質買えるとか、いちいち一個一個のルールが相互作用(他プレイヤーとのインタラクションという意味ではなく、各ルールのインタラクション)ガッチガチで。ああ、これがクニツィア節だわこれ! とロクにクニゲー遊んでもいないのにそう思いました。

 敢えてどうこう言うとすれば、このゲーム割と最適解が決まっている感じがあると言うところですかね。これはこのゲームをして気にいらんという人がいる理由にもなっていると思うのですが。ピラミッドを建てることで点数伸ばすゲームなので、収入を決める相場操作の為に捧げ物をするのですが、捧げ物の為に出した数字の大小で実質ピラミッドが買える為に相場は上がり気味で、ムリしてらくだを取る必要ないのでラクダがほぼ地雷というか、救済措置用なんだろうけどあまり機能していないとは思いました。が、それはそれとして、クニツィアらしい数字の絡みが随所に感じられて、コッテコテのクニツィア節を堪能したい方にはたまらないものがあります。ぶっちゃけたまらん!

 まあ同席者に「一度こけると逆転しづらい」といわれたり、似たようなレビューを見たりもしたのですが、自分が数度プレイした感じだと、1ラウンド目でお金が足りなくなるとかなり挽回が難しい感じは確かにあります。ですので、もし初プレイの方と遊ぶのであれば、畑は重要でお金大事、という話はしておいた方がいいかもしれないと思いました。

 また、ルールを見ればわかると思いますが、かなりゲーマーズゲーム寄りなんで、初めましての人に遊ばせるのはオススメ出来ません。インストも正直ちょっとちょっとめんどくさいです。まあ好きなんでプレイする時には呼んで下さいインスト頑張ります。ぶっちゃけルール惚れの部分は否めないですが、そういうタイプの人は是非一緒に遊びましょう。

*1:もう一つはチグリス・ユーフラテス

*2:一応Thelemiteの端くれなので、ラーのお告げじゃなくてセトのお告げなんですわ~とか言っておく奴~w

10/10は体育の日にアナログゲーム情報まとめ

ゲームマーケット2019大阪 出展者募集開始

  出展予定の人は申し込みお早めに!

Twitter上で知育とアナログゲームが話題に

 最初は、ボドゲに知育という別の目的を持ち込むな的なツイートから色々広がった流れの模様。

 元々ゲームと教育を結びつけるというのはずっとあった潮流の一つではありますね。キリスト新聞社のコンテストとか、アメリカではCIAが教育用にボードゲームを使っていたり、など。こういうのはシリアスゲームなんていう言葉がありまして、最近では防災テーマのカードゲームが話題になりました。


 

 

 

 

 

 

 

 

  こういったTwitterでの話題などもこれからは取り上げて行けたらと。

 こういう話題ってすぐ消えちゃうし、Togetterなどでまとめられるとは限らないので。(特に、今回は散発的で大きな流れがあった訳ではない為です)

◇「Liqueur The Game」ゲームマーケット2018秋に再販決定! 

  初版は文字の小ささなどが指摘されていましたが、改善されて遊びやすくなっている事が期待されますね……! 得点表も付いてくるようです。

 と思ったら……第3版? どっちが正しいの????(笑)

 どうあれ遊びやすくなっていると思われますので、この機会に欲しかった人は買っちゃえ!

 追記:

  OH……。

◇『ザ・マインド 日本語版』発売日11月8日に

 一部には「このゲームがSDJに選ばれたらSDJ信用しない」とまで言わしめた超問題作にしてSDJノミネート作の「ザ・マインド」日本語版の発売日がおおよそ決定しました(※まれにずれ込むのでおおよそとさせていただきます)

◇肉フェスとコラボ! JUGAME STUDIO「100%ビーフ ショーダウン」を10/12先行販売

  デザインに定評があるJUGAME STUDIOさんの肉ゲー気になります! 普通にカードを見ててもテーマ的に面白そうなんですよね……。

◇集めて塗って遊ぶ オトナの趣味「ミニチュアゲーム」に流行の兆し

 そんなに流行ってないやろ~! って思ったけどSCYTHEやドラスレめっちゃ売れとるし、普通に考えたら流行ってましたね……。

10/9の人狼動画まとめ(ぶんなげた)

 ばねこちゃんアンソロ~名古屋コミティア幻葬無残絵巻クトゥルフフェスクトゥルー復活祭~ひいぃ~(※締め切り)

 ゲームマーケットはまあ、何とかなるっしょ(雑)

◇【SIREN人狼】神殺しの村①

www.nicovideo.jp

 キャー確定人外犀賀省悟ー!

 わしとしては最ラブSIREN人狼キャラのまきのん占いCOで既にテンション爆上がりですがきっと人外の騙りですね! 知ってます! だからこそまきのんの活躍にめっちゃ期待してるのですよ! 騙って輝く男まきのん!

 

◇ペーパーマリオ人狼⑥19人女王村-Part3

www.nicovideo.jp

 割とあっさり完結した!

 しかし何故、君はそんなに臭いのか~(誰のこととは言わない)

FGO人狼 Game1-7

www.nicovideo.jp

 完結おめでとうございます! 待ってました!

Zero(ゼロ)

 3人~5人

20分前後
1998年~
システム:Reiner Knizia
アート:不明(BGGとボドゲーマでアートワーク担当者の名称が異なる為不明とします)

Berliner Spielkarten GmbH/ASYNCRON games/テンデイズゲームズ、他
 

◇どんなゲーム?

 場に5枚出ているカードと9枚の手札を交換し、手札の点数をより0に近づけるゲームです。カードの点数はカードに書かれた数字がそのまま点数ですが、同じ数字のカードは何枚集めても1枚分しか換算しません。また、同色/同数字のカードが5枚集まると0点! 同色と同数字を同時に達成すれば「ゼロ」で即時上がりです。
 

◇レビューとか

 とにかく手札の点数を少なくしろ! と言うゲームであり、手札を0点にするゲームではないので、そこを読み間違えると大爆死します。ゼロはつい狙いたくなります、場札の周り具合で大体他プレイヤーの手札が透けるので、場合によっては狙わない方が点数が低く抑えられる事も。大きな数字のセットは集めても余り点数が低くならないので、よほど取りやすい状況で無い限り優先的に捨てたいのだけども、大きな数字は皆捨てるのであぶれがちで大きな数字を狙いたくなる……そんなジレンマがいかにもなクニツィア節のゲームです。でもクニツィアのジレンマっていうてそんなに苦しくないんですよね。そこがクニゲーの好きなところでもあるのですが。

 小品ながらカードデザインも洗練されてるし、普通に子供でもわかる簡単ルールでさくっと遊べて考えどころもジレンマもあるし、そこそこ軽いのもあってややゆるクニツィアとして長く愛用したいゲームでした。なおマイナス点記録の為の点数チップ、カウンターは必須。別途ご用意下さい。

10/7のボドゲ関連なんとか。

◇ペーパーマリオ人狼⑥19人女王村-Part2

www.nicovideo.jp

 今一番楽しみな村~!

 

◇お邪魔物世界大会日本予選通過者決定! 2位に前回世界2位のフジタさん。

  2位のフジタさんはさすがの貫禄ながら、1位のしかさんすごい、おめでとうございます。世界大会頑張って欲しいですね!

Attack of the Jelly Monster(アタック・オブ・ジェリーモンスター)

3人~5人

15分~25分

2018年~
システム:Antonin Boccara
アート:Guillaume Duchemin
Libellud/アークライト

 ダイスをひたすら振って、エリアにダイスをおいていき得点を確保するアクション系エリアマジョリティゲーム。

 ダイス目によって能力があり、他プレイヤーのダイスを真ん中のエリアに追い出したり、より高い点数を確保したり相手の点数を下げたりする事も出来る。とにかく早くダイスを置けば点数を確保したいエリア1ヶ所を自分のダイスカバーで封鎖出来る。

 と言うのをリアルタイムでやります! せーのでダイス振って、一個ダイスを置いて(置かなくてもいい)、また振って、置いて、振って、振って、振って……。と言うめっちゃ忙しいゲームです。

 こういうのは苦手な人はとことん苦手で、私も苦手なタイプのゲームなのですが、ワチャワチャやるのが好きな人にはたまらないと思います。ワイワイ賑やかに盛り上げたいなら、この手のアクションゲームは一個は欲しいですね。得点タイルとか、ダイスカバーとかが吹っ飛んでいって壊れたり、パーツなくしそうな気配がプンプンします(笑)ので、遊ぶ場所を選ぶ感じはします。

 テーブルの配置的に有利不利が出やすいので、席替えをするとか、丸いテーブルやせめて正方形のテーブル、畳の上で遊ぶとか(畳だと腰が痛くなりそう)工夫の余地がありそう。システム的にはめちゃくちゃ子供向けなのですが、パーツが細かいのが悩ましいです。ダイスは別に付属のダイスでなくてもいいので、大きいダイスに差し替えても……まあ数がめっちゃある(1プレイヤー7つ)のでお金かかっちゃいますが……良いかも知れないです。アートワークもなかなか綺麗で良く出来てるのではないでしょうか。

 こちらはプロモタイルです(袋に入ったままになっていますがご容赦下さい)

 右のタイルはスイッチが2つあり、スイッチの切り替えによって、トップがたくさん点数をもらえるか、2番手がたくさん点数をもらえるかが変化します。マジョリティが必ず有利とは限らない訳ですね。(他にも、スイッチの位置によってはマジョリティを取ったプレイヤーが他プレイヤーに点数を払わなければいけないタイルがあります)