邪教の大神官は二度ノックを鳴らす

ボードゲーム関連ブログ。だいたいレビューと感想。本家ウェブサイトはhttp://tantramachine.com

Argoat(アルゴート)

3人~5人

45分~60分
2017年~
システム:オオハシ
アート: asahiro

Domina Games(風栄社)

 

◇どんなゲーム?

 辺境の町を中心に世界中を探索し、8つの世界の知識を手に入れて、深い森からエデンに至る道筋を見つけ出そう。

 神秘のエメラルドを使いこなして世界を縦横に動き回り、同じ志のライバルと情報を交換し合おう。

 交渉+マップ構築+マップ移動の、ゴールが秘匿されたすごろく? 神秘的な世界を巡り歩く、ちょっとほかにない不思議なプレイ感のゲームです。

 

◇レビュー

 絵も綺麗で、ゲームもほかに似た感じのゲームがあまり思いつかない、不思議なふわっとした感じのゲームです。Domina Gamesのゲームは割とこういう、斬新ではないがオリジナリティのある、ふわっとした独自の世界観を持ったゲームを作るメーカーですね。

 個人的には、交渉は不利だったり致命的なものでも受けてしまうため、交渉のあるゲームは不向きなんで(実際致命的な交渉を受けてしまって負けたので)このゲーム、買ったりプレイする事はもうないですが、情報交換やアイテム交換、深い森の中身についての情報を提供するなど、協力し合う要素もあるので、バトルもので争ったりするのは苦手だけど協力ゲームもちょっと……という人にはいいんじゃないでしょうか。ルールも難しくないのでボドゲ初心者導入にもいいかと。マップが徐々に作られていく様は楽しいですし、その中で、自分の都合が良く他のプレイヤーには不利になるように、どう新規マップを配置するか、ブラフで相手にいかに無駄足を踏ませるか、交渉に有利になるような要素を確保しておく為にどう立ち回るかが大事です。で、私はそういうのがめちゃくちゃ苦手なんだよな~ハッハッハ! 一人全く情報持たず/持てずに効率悪いマップの歩き方をして一人で沈むみたいな感じで終わります。

 

 絵柄・世界観もシステムとフィットしていて、絵が気に入ればゲームにもすっと入っていけると思われます。男性にも女性にも好まれる程よい(萌えやおたくにも振りすぎないけど、少女漫画過ぎないくらいの絶妙な絵柄)人選ですが、Domina専属っぽいんですよね。この方。イラストでブランドのイメージががっつり固められるので、こういう選択はプロデュース側としては全然ありと思います。